夏の高校野球

米子松蔭ツイッターで西村虎之助主将必死の呼びかけ「出場辞退」は陰謀説か

matsudasyoin-twitter-jitai夏の高校野球

鳥取県の米子松蔭高校で学校関係者1人がコロナウイルスに感染したことが確認されました。部員全員が陰性だったにも関わらず、学校側は夏の高校野球鳥取大会の出場を辞退しました。

 

西村虎之助主将がTwitterで悲痛の叫びを発信したところ、著名人がツイッターで西村虎之助主将に賛同し、出場辞退についてツイッターで激怒しています。

 

< 追記 >2021.7.20

一転して、高野連は米子松蔭高校の出場を認めると発表されました。

米子松蔭Twitter西村虎之助主将の必死の呼びかけ

米子松蔭高校の野球部主将である、西村虎之助君(3年生)はTwitterで必死の呼びかけをしています。内容が大人びていることから、ツイッターは別人が書き込んでいるのではないかと憶測が飛んでいます。

 

<追記>2021.7.19

学校関係者の新型コロナウイルス感染を受け、米子松蔭高校野球部が夏の高校野球鳥取大会への出場を辞退した問題で、インターネット上で拡散している野球部主将のツイッターは、本人のものであることが分かりました。

 

19日、BSSの取材に対し、長﨑成輝校長が「本人のツイッターです」と話しました。

引用:gooニュース

 

ツイッターは本人が書き込みしていたと確定しました。Twitterの内容が固いので、保護者がツイートしているのではないかと憶測が飛んでいました。BSSの取材に長﨑校長は「本人のツイッターです」と答えていたので、西村虎之助主将にTwitterの確認を取っています。

米子松蔭ツイッター著名人が高野連と政治家に大激怒

米子松蔭で西村虎之助主将のツイッターでは、著名人が多く賛同しています。一般も署名活動を開始する準備がされています。

 

著名人の中でも元大阪府知事の橋下徹氏は、Twitter内で激怒しています。辛辣で物言いがキツイことで有名ですが、本領発揮しています。

 

 

18日に元大阪府知事の橋下徹氏がツイッターで、米子松蔭高校が学校関係者1名の新型コロナウイルス感染が判明し、規定で出場辞退となった記事をTwitterに添付してツイートで激怒しています。

 

子供の夢を奪わないためとはいえ、言葉が荒すぎるのではないでしょうか。元大阪府知事だから許されるのでしょうが、政治家なら叩かれている発言です。西村主将も言葉荒くして言って欲しいはずがありません。

米子松蔭ツイッター政治家が動く

Twitterでは政治家が動くときだと、声を上げているツイートが多くみられます。

 

 

高野連のルールでは、学校に新型コロナウイルス感染者が出た場合は「出場辞退」となります。しかし、オリンピックは無理やり開催し、選手村でも新型コロナウイルス感染者が確認されたと報道されても開催されます。

 

しかも、学校関係者1名は米子松蔭の野球部には無関係で、選手全員がPCR検査を受けて陰性と診断されています。出場辞退になる必要があると思えません。

 

限られた活動範囲で練習している高校生と、自由に行き来ができるオリンピック関係者とではリスクは雲泥の差です。

 

現在は米子松蔭高校の野球部のために、多くの著名人が動き始めています。署名活動も開始されていて、多くの名前が集まっています。

米子松蔭ツイッターで陰謀説が浮上

米子松蔭高校の学校関係者1名が新型コロナウイルス感染し、出場辞退となった問題。野球部の関係者ではない感染でしたが、高野連の規定に則って出場辞退となりました。

 

Twitterでは鳥取県の高野連を仕切っている、「御三家」と呼ばれる高校の陰謀ではないかという説が浮上しています。

 

鳥取県の高野連は「米子東」「倉吉東」「鳥取西」の3校が、鳥取高校野球を牛耳っているというタレコミがありました。地元民ならではの見解で、「米子東」「倉吉東」「鳥取西」の御三家に対しては審判が緩い。

 

昔からの「暗黙の了解」として、地元には根付いています。御三家の審判だけは明らかにストライクゾーンが違いアウトとセーフの判断もおかしいと有名です。

 

地元ならではの見解とタレコミが真実だった場合、鳥取高野連で第一シードだった米子松蔭を出場辞退とすることは簡単な事だったことでしょう。

鳥取高野連「米子松蔭は試合出場」と急転

鳥取高野連は規定に沿って「出場辞退」とした米子松蔭に対して、急転して試合出場する方向になったことが分かりました。

 

学校関係者の新型コロナウイルス感染が確認されて第103回全国高校野球選手権大会鳥取大会の出場を辞退していた米子松蔭が急転して試合出場することが19日、決定した。鳥取県高野連がどらドラパーク米子市民球場内で会見し、同校の不戦敗取り消しと、21日に境との2回戦を行うことを発表した。境高の了承を得たという。異例の決定となった。

引用:日刊スポーツ

 

著名人や世論では「可哀そう」「出させてやれ」の意見が多く、署名活動も開始されていました。米子松蔭の選手やチーム関係者も、高野連に対して嘆願書を提出しています。

 

鳥取県にも関わらず、元大阪府知事の橋下徹氏や吉村大阪府知事が大きく関わったことで無視できなくなりました。また、平井鳥取県知事による、松田松陰を「全面的に支援する」と述べたことから、高野連は出場の方向に持って行かなければならなくなりました。

 

まめNEWS
タイトルとURLをコピーしました