エンタメ

ビートたけし襲撃つるはしを持った男は熱狂的なファン!犯行動機は心が傷ついたから

エンタメ

9月4日東京都港区にあるTBSの玄関付近で、つるはしを持った男にビートたけしさんが襲撃されました。犯人は40代男性と判明していますが、実名は公開されていません。車のフロントガラスをつるはしで叩いていたところを、警察に現行犯逮捕されています。

 

ビートたけしを襲撃した40代つるはしを持った男の顔画像と正体を深堀していきます。

ビートたけし襲撃つるはしの男は熱狂的なファン

40代つるはしを持った男は、東京都港区赤坂のTBSでビートたけしが乗った車を襲撃しました。つるはしの男はビートたけしの乗っている車のフロントガラスを何回か叩き、つるはしでフロントガラスを割っています。犯行動機は「相手されずと思い」と、不倫関係のような理由に驚愕です。

 

つるはしでフロントガラスを割っているところを、警察官が現行犯逮捕しています。警察官が来たにも関わらず、一心不乱にビートたけしが乗っている車のフロントガラスをつるはしで割っていたという。

 

ビートたけしの出演するテレビ番組の収録後で、テレビ局出口で車に乗ったところを襲われています。収録終わりまで出待ちして、ビートたけしが車に乗るまで待っていた つるはしの男は、熱狂的なファンで愛情表現が激しいタイプですね。

 

警察が現行犯逮捕した内容は「銃刀法違反の疑いで現行犯逮捕」でした。つるはしをもって、車を数回叩き壊しているにも関わらず刑が軽いです。行動は怪我を負わせようと思っている可能性があります。逮捕後につるはしの男に事情を聴いて、判定することでしょう。

ビートたけしがつるはしの男「無視されて傷ついた」

つるはしを持った男は、2021年6月ごろにTBSでビートたけしの出待ちをしていました。つるはしの男は芸能界デビューしたくて、ビートたけしに声をかけています。男の職業や名前が公開されておらず、無職の可能性があります。ビートたけしは危ない人間だと察知し、無視の行動をとっているでしょう。

 

 

4日午後11時40分頃、東京都港区赤坂のTBS敷地内で、タレントのビートたけしさん(74)が乗った乗用車に千葉県在住の40歳代の無職男が近づき、助手席や後部座席の窓ガラスにつるはしを振り下ろした。男は「たけし出てこい」などと叫びながら暴れ、駆けつけた警視庁赤坂署員に小刀を所持したとして銃刀法違反の疑いで現行犯逮捕された。たけしさんと男性運転手にけがはなかった。

 赤坂署幹部によると、男は「芸能界に入りたくて6月にも同じ場所で声をかけたが相手にされなかった」と容疑を認めている。たけしさんはTBSの情報番組に出演した直後だった。

引用:読売新聞

 

つるはしの男「芸能界に入りたくて6月にも同じ場所で声をかけたが相手にされなかった」

 

人生をかけた賭けに出ようと、ビートたけしの弟子になろうと声をかけた犯人は無視をされて傷ついた理由が動機です。声のかけ方が気になるところですが、芸能界は事務所に所属したり路上や舞台で下積みを重ねるところから始まります。

 

つるはしの男はお笑い芸人になりたかったという夢があり、経済的には叶わなかった。しかし、新型ウイルス感染症の影響で職を失い、ビートたけしにお願いして芸能界に入れてもらおうと考えた。ビートたけしなら、芸能界のボスだろうし、お願いして聞いてもらえたらラッキー!と思って行動に移しているように見えます。

 

声をかけたが、無視を決められて心は傷ついてしまった、つるはしの男。恥ずかしさと虚しさが、つるはしをもってTBSの前に待機するという奇行となりました。

 

寂しさのあまり逆上して「たけし出てこい」と、つるはしをもって車の前に立ちはだかりフロントガラスをたたき割ります。ビートたけしは運転手を雇っているでしょうから、一番怖かったのはビートたけしの運転手です。

 

車に乗っている全員はけがはありませんでしたが、運転手がトラウマになっていないことを祈るばかりです。ビートたけしが乗る車ですから、ロールスロイスやベンツといった高級車です。運転手は誇りをもって運転していたに違いありません。

 

目の前で、愛車が叩き壊されていくのを運転手は見ていき、喪失感と恐怖だったことでしょう。高級車にガードレールの傷がついただけでも、かなりショックを覚えますが、つるはしで破壊されるという想定外の出来事でパニックになります。

 

ビートたけしがつるはしで壊された車はロールスロイス

ビートたけしが所有している愛車は複数存在します。今回、つるはしで破壊された愛車は、ロールスロイス・ファントムです。つるはしでフロントガラスを叩き割られても、車内にいる人が無傷だった理由が分かりました。

 

ロールスロイス・ファントムは公用車でも使用している、防弾ガラスが採用されている車種です。防弾ガラスの厚みは13㎝のガラスで、大統領専用車両にも使われています。

 

気になるロールスロイス・ファントムの車体価格は、破格の約3.6億円!

 

フロントガラスと車体についた傷を修理するだけで、費用がどれだけ必要なのか考えただけでも寒気がします。防弾使用のフロントガラスと、傷部分の交換で1億は必要になりそうです。運転手としては、絶対に修理してほしい内容です。

 

豪邸を東京で堂々と、ロールスロイス・ファントムを運転できる運転手の技量が素晴らしいですね。きっと、運転手はビートたけしの収録が終わるまで、ロールスロイス・ファントムに待機していたでしょう。待ち時間はロールスロイス・ファントムについた黄砂やホコリを拭いて過ごしていたことでしょう。

 

自分の子供のようにピカピカにしてきた、ロールスロイス・ファントムがボロボロになっていく場面をみるのは心が痛みます。ビートたけしが無視せずに、一言「養成所へ通いなさい」と言えば、ロールスロイス・ファントムが、つるはしで叩かれずに済んだかもしれません。

まめNEWS
タイトルとURLをコピーしました