東京オリンピック・パラリンピック2020

伊藤美誠と水谷隼のおんぶ画像や幼馴染エピソードから現在の不仲説

itomima-mizutanijun-hagu東京オリンピック・パラリンピック2020

東京オリンピック2020が開催され、26日に卓球混合ダブルスで伊藤美誠と水谷隼が金メダルを見事獲得しました。伊藤みまと水谷じゅんは昔からの幼なじみで、家族ぐるみでおんぶするほど仲良しと報道されています。

 

しかし、金メダル獲得が決まった時に、水谷隼は伊藤美誠に感極まってハグをしたとき、伊藤美馬は嫌そうにしていました。SNSでも「伊藤選手が嫌そうにしている」「実は不仲」と言われているので深堀していきます。

伊藤美誠と水谷隼のおんぶ画像と幼なじみエピソード

東京オリンピック2020で26日に卓球混合ダブルスで伊藤美誠と水谷隼は金メダルを獲得しました。卓球の強豪国である中国に勝ち、感動を届けてくれました。東京オリンピックで伊藤美誠と水谷隼は「みまじゅん」と呼ばれるようになりました。

 

伊藤みまと水谷隼は昔から家族ぐるみの付き合いで、12歳差の幼なじみの関係です。伊藤美誠と水谷隼の幼なじみ画像です。

itoumima-mizutani-osananajimi

引用元:Twitter

 

伊藤美誠はいつも指を3ピースにしていすが、幼少期のころからしていたポーズだったんですね。水谷隼も一緒に3ピースをしています。2000年代に流行ったポーズですね。

 

仲良しな兄妹のような写真ですね。話題になっているおんぶ画像がこちらです。

ほほえましい画像ですね!本当のお兄ちゃんのような水谷隼の様子がうかがえますね。水谷隼はインタビューでも、卓球で金メダルを取ったけれど「自分の中では伊藤美誠は、5歳か6歳のころのままで止まっている」と言っていました。

 

伊藤美誠と水谷隼の出会いは、伊藤美誠が4歳で入った「豊田町卓球スポーツ少年団」がきっかけでした。伊藤美誠は小学6年生まで1日6時間以上も練習していました。

 

この「豊田町卓球スポーツ少年団」でコーチを務めていたのが、水谷隼の父親である水谷信雄さんでした。6時間以上も練習をしている伊藤みまは、コーチからしても娘のような存在になっていたでしょう。

 

余談ですが、12歳差の幼なじみって、「幼馴染」と言えるのか気になりました。そもそも、幼なじみの定義は何なのか気になりますよね。幼なじみのイメージは、幼稚園の時から一緒だったなどですが辞典では以下の通りです。

 

幼い時に親しくしていたこと。また、その人。
引用元:大辞林
幼いころから仲が良い人、あるいは物心ついたときからの顔馴染みなどを意味する表現。
引用元:実用日本語表現辞典

 

幼いころの定義は幼児と小児と捉えるので、2歳~12歳までが幼なじみの定義でした。

伊藤美誠と水谷隼の不仲説

みまじゅんこと、伊藤美誠と水谷隼が不仲なんじゃないかと噂されていました。

ito-mima-mizutani-jun

伊藤美誠と水谷隼が混合ダブルスしよるけど、お互い目も合わせんし会話もしてない。仲悪いんかな…?

 

ツイッターで試合中は目も合わせず、会話もしていない。試合中は真剣な顔が怒っているように見えるし、笑顔がなかったことが理由に挙げられています。

 

試合中は東京オリンピックですし、真剣な顔になるのはわかります。しかし、会話も目も合わせていないので「ケンカしているのかな?」と思ったに違いありません。

 

伊藤美誠と水谷隼は、卓球の強豪国である中国に勝つために必死だったから真剣な顔つきですし笑顔は必要ないです。

 

会話がないことが気になりますが、試合中は1分間の休憩中に打ち合わせなどはしないのでしょうか。監督からの言葉のみで、あとは体感や感覚で意思疎通ができるのでしょう。なんせ、幼馴染ですから。

伊藤美誠、水谷隼のハグがイヤそう

東京オリンピック2020で見事金メダルを獲得した伊藤美誠と水谷隼ですが、金メダルが決まったときの伊藤美誠の行動が気になりました。

itomima-mizutanijun-hagu

 

伊藤美誠が水谷隼のハグをイヤそうにしているのが気になりました。なんどもメディアで報道されたシーンですが、何度見ても水谷隼からのハグを逃れようとしています。

 

ito-mima-mizutani-jun-hagu

 

Twitterでも「イヤそう」の声が上がっていました。なんと、他国からも批判のDMが届いていると水谷隼本人が告白していました。

 

最後のハグ伊藤美誠ちゃんちょっと嫌そうなの笑うw
卓球すごかったおめでとう

 

水谷ノーパンやから伊藤美誠ハグ嫌そうにしてた説

 

頭をポンポンとしたときに、力が有り余って強めにハグしたから「痛い」と言われたと水谷隼はコメントしていました。

 

「衝動的に喜びを表現したら、伊藤選手は拒否気味で「痛い」とはねのけられて、ちょっと辛かった」

 

水谷隼にとって伊藤美誠は、妹のような存在で可愛がっていました。伊藤美誠に避けられた水谷隼はかなりダメージを負っています。可愛い妹に避けられたらダメージを負うのもわかる気がします。

 

しかし、オリンピック金メダル獲得の状況でハグを避けられるのも、奇妙な出来事ですよね。水谷隼と伊藤美誠の不仲説は濃厚になってきました。

伊藤美誠と水谷隼の結婚や熱愛のウワサ

水谷隼と伊藤美誠の二人は、幼馴染で仲良しなら結婚も視野にあるのではとSNS上で多くみられました。しかし、水谷隼は既に結婚して子供もることが判明しています。

 

試合中は会話もなく目も合わせておらず、金メダル獲得のハグも拒否気味。そのうえ、結婚や熱愛のことを話題にされるという屈辱。

 

伊藤美誠にとって、兄のように慕いたくても出来ない環境とメディアの反応が気になって仲良くできないストレスがあるに違いありません。

 

伊藤美誠にとって、水谷隼との熱愛報道が少しでもあることは、水谷隼の嫁に後ろめたい気持ちも持ちます。

 

ただ、水谷隼の嫁のことだけを考えれば後ろめたい気持ちになりますが、ほかにも原因が考えられます。

水谷隼の過去にあった男女トラブル

東京オリンピック出場をかけて戦っていた2019年の出来事です。水谷隼の男女トラブルが報道された過去があります。相手の女性は、橋本環奈似の目が大きい美人。

 

本人が重い口を開いてメディアに出来事を告白していました。東京オリンピックに出場をかけた、大切な時期にトラブルを起こしています。

 

部屋に行くと、キスされてベッドに押し倒されて…驚いて“やめて!”と言ったら、彼も我に返ったようで、“ごめん!”って。彼は“奥さんとしかつきあったことがなくて、女性の扱いになれていない”と弁解していました。

引用:ニュースポストセブン

 

東京オリンピックの出場をかけて、伊藤美誠は必死になっていた時期です。大切な時期に酔ってホテルに行ったと報道された水谷隼。世の中の女性を敵に回すような行動をとっている自覚はあるのでしょうか。

 

伊藤美誠も幼馴染で仲が良かった過去があったとしても、東京オリンピックの出場をかけている時期に女性問題を報道された水谷隼には失望します。だから、ハグも拒否気味になったんですね。

まめNEWS
タイトルとURLをコピーしました