【実録】ブレンド脱毛は痛い!それでもやってみた結果

エンタメ

こんにちは!

脱毛やってみたい!きれいな肌を手に入れたい!

私もそう思ったからこそ脱毛サロンへ行き契約しました。

脱毛の種類でもいろいろありますが、今回は私が実際に行ったサロンで施術をしてもらった

「ブレンド脱毛」について結果をご紹介します。

ブレンド脱毛は毛が生えてこなくなる!

結果から伝えます!毛は無くなりました!

ブレンド脱毛はニードルの一種で「唯一の永久脱毛」と言われています。

ただ、出産するまでは毛が生えてきませんでした。

出産などでホルモンバランスが変わると1本、2本は生えてきました。

ちなみに、料金は両脇で25万円。

え…高くない?・・・ためらいましたが

契約した部分のみにはなりますが、永久に脱毛できる特典付きだったので

永久ならば!と契約し両脇はスッキリきれいのままです!

※サロンによって特典は違うので確認してください!

20歳で契約し、出産を終えて今では2~3本生えてくる程度です。

毛抜きでプチっと取るだけなので

今となっては秒で処理が終わります。

【節約脱毛】自宅で安く簡単に出来る脱毛方法のまとめ

ブレンド脱毛は痛いの?そもそもどんな脱毛?

個人差もありますが、私はとても痛かったです。

そもそも、ブレンド脱毛とはニードル脱毛の一種で

ニードル脱毛は古くから愛されるアメリカ発祥の脱毛法です。

ニードル=針ですが、専用の機械に専用の針(使い捨て)を装着します。

針と言っても、先端は丸くなっています。

その針を毛穴にピンポイントに当て、電流と高周波を流し毛根にダメージを与えて細胞を破壊していく仕組みになっています。

ニードル脱毛の種類ですが

「電気分解法」

「フラッシュ法」

「ブレンド法」

「絶縁針脱毛」

の4種類あります。

「電気分解法」はニードル脱毛の初代で、微弱な電流を流して毛根にダメージを与える施術

「フラッシュ法」は高周波の電気(熱)を流して毛根にダメージを与える施術

「ブレンド法」は「電気分解法」と「フラッシュ法」の良いとこ取りした施術

「絶縁針脱毛」は医療脱毛と言われていて医者や看護師が麻酔などを用いて行う施術

 

説明聞いただけで痛そう・・・

そう。痛いです!

ただ、中には全く痛くない人もいて

施術中はぐっすり寝ていました。という方も半数います。

私は痛くて、寝ている人なんて本当にいるの?!

って思いながら施術してもらっていました^^;

 

痛いのは不向きな方はコチラにまとめています↓↓

【学生必見】自宅でお金をかけず簡単に出来る脱毛!中学生・高校性にぴったりの方法

ブレンド脱毛のメリット

★ブレンド脱もは正真正銘の「永久脱毛」!

レーザー脱毛や光脱毛が主流となっていますが

それらは永久脱毛ではありません。

レーザー脱毛は光脱毛は黒いものに反応する特殊は光を照射し

毛乳頭を弱らせ、日が経つとスルスル抜けてくる仕組みです。

黒い毛に反応するので白髪や色素の薄い毛には反応しません。

黒い色に反応を示すので、ほくろ、あざ、日焼けした肌に照射するとヤケドをしてしまうリスクがあります。

以前、光脱毛をしましたが私個人は肌に合わず

毛穴がヤケド状態になり色素沈着してくすみが目立ちました。

 

★毛が細い人でも効果がある!

ブレンド脱毛は毛を1本1本丁寧に脱毛するので

毛の太さに関わらず脱毛することが出来ます。

産毛の1本までも脱毛が可能なのです!

10年経った今でも産毛が無くつるつるの脇を保っています。

 

★仕上がりが圧倒的にきれい!

毛根から無くなるので、カミソリやシェイバーで処理した後の黒いポツポツは存在しなくなります。

それに自分でカミソリ処理をし続けると、肌が傷つき黒ずみの原因となります。

処理する回数が減れば、肌にダメージが付きにくいので色素沈着もせずツルツルはワキを手に入れることができます。

ブレンド脱毛のデメリット

★強い痛みがある

個人差はありますが、とにかく痛いです。

体が疲れているときや寝不足のときは特に痛かった・・・

毛穴に直接針を刺し、電流と高周波を当てるわけですから

痛い施術NO.1かもしれません。

 

★施術に時間がかかる

毛の1本1本丁寧に施術していくので時間がかかります。

特に施術し始めた時は毛量MAXなので特に時間がかかります。

女性の一般平均は片方のワキに1800本生えていると言われています。

毛周期を合わせるために一度テープ脱毛で両脇を脱毛。

その1か月後に生えてきた毛を施術していくので長期的に通う必要があります。

 

★費用が高額になる

レーザー脱毛や光脱毛はCMでもお馴染みですが

100円施術といったキャンペーンが多いです。

ブレンド脱毛は1本ずつ丁寧な施術が求められるため費用が高額になりがちです。

冒頭でお伝えした通り、

私の場合は毛量が非常に多かったので25万円でした。

医療脱毛だと麻酔や血液検査などで更に高額になる傾向があります。

 

安く済ませたい方はコチラにまとめています↓↓

【学生必見】自宅でお金をかけず簡単に出来る脱毛!中学生・高校性にぴったりの方法

ブレンド脱毛に向いている人は?

1.レーザー脱毛や光脱毛が施術不可の方

タトゥーが入っている人はレーザー脱毛や光脱毛が施術できません。

ブレンド脱毛だと皮膚の色に関係なく施術できるので

日焼けしてして照射できない人でもブレンド脱毛は施術可能です。

 

2.痛みに強い人

ブレンド脱毛は個人差がありますが、本当に痛いです。

寝不足の時に施術した日には拷問のように感じました。

ただ、私はお金を払う以上は完全に脱毛したかったので

耐えて慣れて寝れるようになっていました。

最後まで慣れない人もいますが、確実を求めるなら

ニードル脱毛が絶対おすすめです!

 

合わせて読みたい記事はこちら↓↓

【学生必見】自宅でお金をかけず簡単に出来る脱毛!中学生・高校性にぴったりの方法

タイトルとURLをコピーしました